パピヨンに8種ワクチンは危険だそうです

パピヨン 混合ワクチン 8種 6種


ワクチン接種の時期になったのですが、

近所の獣医(3件)はろくに触診もせず、

体温も体重もお願いしないと測らず、

簡単な問診だけで注射を打ち、

アナフィラキシーチェックも

5分ほどで終わらせてしまいます。

しかも、去年混合ワクチンを接種した獣医さんは

接種後に嘔吐を繰り返したので、診察をお願いしたところ、

「犬はもともとよく吐くから問題ない」

ってウメは普段まったくと言って良いほど吐かないのに

まったく相手にされず、胃腸薬を処方されてお仕舞・・・





という訳で、引越し前に通っていた獣医さんまで足を運び、

ワクチン接種をして頂きました。そこで興味深いお話を伺ったので、

ご紹介します。



最近は首ではなく、足に注射するのが望ましい。

ワクチンは通常、皮下注射だが、ごく稀に、

針が筋肉まで到達してしまう事がある。

筋肉まで到達してしまうと、腫瘍化する可能性があり、

その殆どが良性であるものの、中には悪性化してしまう。

腫瘍は切除しなければならないため、首に腫瘍が出来ると、

首を切断=命を落としてしまう。

そこで、最近は、足に注射をし、全身に転移する前に、

生活に支障は出てしまうけれども、足を切断する事で、

命だけは助けようという考え方になっている。



とのことです・・・

また、去年のウメのように数分間に異常が出なくとも、

数日内に嘔吐の回数増など、少しでも異常があれば、

それはアナフィラキシーと呼ぶそうです。

一度アナフィラキシーの症状が出た場合、

2度目のワクチン接種で命を落とす危険性があるとか。
(人間がスズメバチに2度刺されて死亡するのと同じ原理で)

ですから、ワクチン接種後に少しでも異常が出てしまったら、

その原因となったワクチンを特定し、二度とそのワクチン

接種を避けなければ、大変危険らしいです。





ちなみに、ウメがアナフィラキシーを起こした原因は、

レプトスピラ(黄疸出血、カニコーラ両方)ワクチンでした。

パピヨンレプトスピラのショック反応がでやすいらしく、

6種を選択するのが通常のようです。

獣医さんに「何で8種にしたの?」と聞かれてしまいました・・・

去年の獣医は「最近の主流は8種だ」と力説してますた(T^T)





去年の事件が原因か、ワクチン接種30分後の検診で、

少し顔に腫れの症状が見られたために、

解毒剤を投与されてしまいました。

救急病院などで強制的にワクチン打つ場合があるから、

絶対にレプトスピラの事は忘れず伝えてください」

と言われました。





毎年命がけのワクチン接種になるのかぁ・・・

去年の自分の無知がとっても悔しいです。

ワクチンの事をもっと勉強してから行ってれば、

こんな事にはならなかったのに・・・





マリと子犬の物語

不覚にも映画の予告CMで泣いてしまいました^^;




デル株式会社


楽天トラベル株式会社

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

2007年12月25日 20:02
はじめまして!!
トラックバッグ・ピープルからとんできました。
我が家には、3歳になるMダックスが居るのですが、先日ワクチン注射を打ち副作用で昨日まで苦しんでました(>_<)やっと今日、回復した様子なので安心してます。こちらの記事内容がちょうどドンピシャで、とっても勉強になります。昨年は8種を打ち、顔が腫れ1晩苦しんだので、今年は6種にしました。そしたら顔は腫れませんでしたが、去年以上の苦しみで嘔吐の繰り返しです。先日の注射の際に、事前に副作用を抑える注射をしますか?と聞かれたのに、打たなくて大丈夫ですと答えたのを後悔してます。引っ越した為、去年の注射から病院が変わって突如、副作用を起すようになるし、アナフィラキシーを起した原因も調べてもらってないですし、注射を打つ前にアナフィラキシーチェックもしてもらってないです。注射も首(背中)に打たれました(-_-;)来年は、ワクチン注射自体、打つのを止めるという選択も考えておいて下さいと言われました。。
来年どうすればいいのか・・・悩んでます。

この記事へのトラックバック